LOADING

Type to search

『約束のネバーランド』をレビュー!きっとあなたの価値観を変える衝撃作

作品レビュー

『約束のネバーランド』をレビュー!きっとあなたの価値観を変える衝撃作

Share

『約束のネバーランド』略して『約ネバ』。2016年より週刊少年ジャンプで連載され、その後、アニメ、実写化されているため、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。人気の秘密は、ただただ面白いだけではない作品の奥深さにあります。

『約束のネバーランド』は一言でいうと、あなたの物の見方、価値観を変える作品です。

この記事を読めば、そんな『約束のネバーランド』の魅力や、どのようなマンガかを知ることができるとともに、あなたが読むべきか、という判断材料になることをお約束します。

『約束のネバーランド』略して『約ネバ』。2016年より週刊少年ジャンプで連載され、その後、アニメ、実写化されているため、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。人気の秘密は、ただただ面白いだけではない作品の奥深さにあります。

『約束のネバーランド』は一言でいうと、あなたの物の見方、価値観を変える作品です。

この記事を読めば、そんな『約束のネバーランド』の魅力や、どのようなマンガかを知ることができるとともに、あなたが読むべきか、という判断材料になることをお約束します。

 

『約束のネバーランド』あらすじ

2045年、孤児院グレイス=フィールドでは、38人の子どもたちが、何不自由のない環境で、平和に生活していました。しかし、孤児院というのは表向きの呼び名で、実は鬼が食べるための人間、食用児を育てるための施設だったです。

そんな施設で生活している主人公のエマ、レイ、ノーマンがある日、この孤児院の真実を知ります。

その3人を中心に、子どもたちが自由を求めて、困難以上の不可能に立ち向かうミステリーサスペンスです。

 

ここが『約束のネバーランド』の面白さ‼独特の世界観と主人公の行動力

『約束のネバーランド』ならではの独特の世界観

あらすじでも説明しましたが、孤児院グレイス=フィールドが、実は、食用の人間を育てる施設だったというのが独特の世界観です。

「食べるために人間を育てるなんてひどい」誰しもそう感じると思います。しかし、現実社会の中で、食べるためだけに育てられている生き物たちは数えられないほどいます。

食用のためだけに育てられているという事実は同じにも関わらず、立場が変わるだけでこうも感じ方が変わるのです。

作品自体を読めば、この矛盾のような事実を、さらに身を持って感じられ、きっとあなたの物の見方や考え方に影響を与えてくれます。

 

どんな問題にも屈しない主人公エマの行動力

主人公エマは、事実、立場、権力に決して屈しません。持ち前の行動力で、誰もが諦めるような困難以上の不可能を乗り越えていきます。

それを可能にした絶対的な理由が1つあります。それは行動し続けたことです。

エマの言葉の中には心に刺さる名言がたくさんあるので、一部紹介します。

「できない、どうしよう、って考えるより、できる、どうやろう、って考える方が絶対いいよ」

「敵がどんなに強大で、私達がどんなにちっぽけでも、何度踏みつけられ奪われても、私達は立ち上がる。人間は弱くない。夢物語にしない。」

どんな出来事も行動しないと変わらないと作品を通じてエマが教えてくれます。

紹介したもの以外にも数々の名言があります。

物語と合わせて、エマが残した、行動するための勇気をくれる言葉達を感じてほしいです。

 

このマンガが好きな人は絶対に『約束のネバーランド』を観たほうがいい

シリアス、サスペンス、独特な世界観のマンガが好きな人はぜひ見て欲しいです‼

具体的なマンガの名前を挙げると進撃の巨人、GANTZ、食糧人類、刻刻などが好きな人にオススメです。

 

最低でもここまでは観てほしい。面白いかは〇巻までみて判断

面白いかの判断は、最低でも5巻まで絶対に見てから‼農園脱出計画について一区切りつくのが5巻です。

アニメ1期、実写映画ともに5巻までの内容が描かれるほど、この作品のキーとなる話となります。

そのため最低でも5巻まで読んでから面白いかを判断してほしいです。

 

まとめ

  • 『約束ネバーランド』は、あなたの価値観を変える衝撃作。
  • 独特の世界観と主人公の行動力が面白さの秘密。
  • 最低でも5巻までは絶対に読むべき。アニメ1期、実写映画化された作品のキーとなる話。
翻訳する »