LOADING

Type to search

CLAMP原作アニメ『東京BABYLON 2021』メインキャスト等の最新情報が続々発表!

Share

『東京BABYLON』の概要

『東京BABYLON』は1990年から1993年にかけて新書館『サウス』『月刊ウィングス』で連載されたCLAMPによる漫画作品です。

後に『X』へと繋がる内容になっていますが、CLAMP曰くこの話自体は完結しているそう。

単行本で全7巻、文庫版で全5巻が新書館から、愛蔵版全3巻がKADOKAWAから出版されています。

主人公・皇昴流(すめらぎ すばる)は人々を呪いや怨霊から守る陰陽師一族の若き13代目当主です。

昴流と双子の姉・北都(ほくと)と獣医師・桜塚星史郎(さくらづか せいしろう)の3人で様々な霊的事件を解決していく物語となっています。

今回の『東京BABYLON 2021』では2021年の東京を舞台としたストーリーが放送される予定です。

 

アニメ『東京BABYLON 2021』のメインキャスト

11月19日に開催され、Youtubeで同時配信もされた製作発表会でメインキャストが解禁されました。

皇昴流役を演じるのは蒼井翔太(あおい しょうた)さんで、皇北都役を演じるのは水樹奈々(みずき なな)さん。

桜塚星史郎役は梅原裕一郎(うめはら ゆういちろう)さんと、実力派声優3人がメインキャラクターを演じる運びとなったようです。

 

アニメ『東京BABYLON 2021』その他の最新情報

11月19日に開催された制作発表会では、アニメが2021年4月放送開始予定であることが明かされています。

同時にメインキャラクター3人が揃ったキービジュアル、キャラクターのボイスが入ったPV第2弾も公開されました。

キービジュアルでは桜の花びらが舞う中、赤い衣装を纏った昴流とピンクのスカートが印象的な北都、不適な笑みを見せる星史郎が描かれています。

PV第2弾は美しい東京の風景や陰陽師装飾に身を包んだ昴流、呪いを倒して回る北都や不思議な術を使う星史郎など魅力満載の内容となっています。

3分弱程度の映像ですが、日常的な風景から戦闘シーン、術を使うシーンがギュッと濃縮されているので見応えも抜群です。

個人的には星史郎役の梅原さんの声が役と完璧にマッチしており、素晴らしいキャスティングだと感じました!

また、主題歌アーティストも発表され、オープニングテーマは蒼井翔太さん、エンディングテーマは水樹奈々さんが歌唱を務めることが分かりました。

蒼井翔太さんは「天使の歌声」と称され、水樹奈々さんは「アニソンの女王」と呼ばれるほどの実力派ですので、主題歌の情報解禁も楽しみですね!

なお、Youtubeで配信された制作発表会のアーカイブは11月26日まで残されているので、まだ確認していない方は観ることをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?メインキャストやキービジュアル、新PVなど一気に新情報が解禁されましたが、ますます放送が待ち遠しくなる内容でしたね。

これから他のキャスト等の情報解禁もあると思いますので、続報を待ちましょう!最後まで読んでくださってありがとうございました!

翻訳する »